「暗澹たる4月28日」という証言―平塚らいてうの訴え

img0171952年4月28日に何があったか。言わずと知れた「サンフランシスコ講和条約発効の日」です。安倍内閣はこの日を「主権回復の日」として記念の式典を行うというのですが、講和条約によりアメリカの占領状態から(本当は連合国のはずですが実際はアメリカの単独占領)「独立」を回復したから、というのですが、もちろん猛反対の声があります。一番怒っているのが沖縄で、この条約で沖縄は本土から切り離されてアメリカの統治下におかれ、同時発効した日米安保条約によって今でも続く軍事基地を提供し続けなければならなくなったからです。沖縄が「本土復帰」したのは1972年、しかし今も普天間基地問題やオスプレイ配置をはじめとして沖縄の基地問題は解決していません。4月28日は沖縄にとって「屈辱の日」でしかないのに、なぜ今になって式典などを行うのか。沖縄タイムスのアンケート調査によれば、沖縄を除く46都道府県知事のうち知事がこの式典に出席すると回答したのは19都府県にとどまるそうです。沖縄は、もちろん反対。

わたしが思い出すのは、61年前のこの日、平塚らいてうの名前で発表された文書です。「講和条約発効の日を迎え女性は再軍備に反対する」と題したこの文章は、「再軍備反対婦人委員会」の代表としてらいてうが署名したものです。この委員会は市川房枝や上代たのたち多くの著名女性とともに結成された組織ですが、「4月28日」の日付があるこれには「代表 平塚らいてう」とあります。

冒頭「講和条約は、平和を願う私共女性の遺志を悉く裏切って、今日終にその発効をみる事になりました」とあり、今後に来るものが何かを思うと「暗澹たらざるを得ない」とあります。なぜなら「片面講和条約、日米安全保障条約、それに伴う行政協定によってアメリカ防衛線の一環となった日本」は「再軍備を要請される」ことになったからです。

 それは、第九条によって「一切の軍備を廃し、交戦権を放棄する事を誓った」日本国憲法に違反し、「アメリカの勧慫によって決定したもの」だ、とらいてうは言います。日本国憲法を「アメリカのお仕着せ」だから変えるという人たちが、なぜ講和条約こそ「アメリカの勧慫」だということには目をつぶって「主権回復」というのでしょうか。

 この訴えは「私共女性は、独立の日を迎えるにあたり、安保条約と行政協定が何であるかにかかわらず、日本独自の立場において憲法を厳守し、再軍備に反対する」という意思表明で結ばれています。これがらいてう自身の執筆かどうかはわかりませんが、最後にアジア諸国との平和を実現してアメリカ軍隊の日本駐留を「無意義」にするとともに「中ソ軍事同盟をも理由なきものとする」ことを求め、「ここに『一つの世界』建設の方向があり、世界平和への道があると信ずる」という主張はまちがいなくらいてうの持論です。ここでいう「一つの世界」の理想が世界連邦であることは明らかです。「世界連邦」についてはいつか書きますね。

 これに先立ち、1950年6月にらいてうが野上弥生子や上代たのたちとともに「非武装国日本女性の講和問題に対する希望要項」を発表、単独講和反対、軍事基地反対、非武装中立を訴えますが、そこでもし自分たちの希望する講和条約実現が不可能なら「われわれは早期講和を欲しない」と言い切っています。その単独講和強行に抗議して生まれたのが再軍備反対婦人委員会だったのです。

 4月28日を「屈辱の日」と思うのは沖縄県民だけではありません。そのいたみは平和を愛する女性たちのいたみでもあり、すべての国民にとっての屈辱でもありました。この日から19年間、らいてうは「非武装・非交戦」の日本国憲法を守ろうと訴え続け、「世界が一つになる日」を願い続けて1971年5月24日、85歳の生涯を終えたのです。「憲法を守り抜く覚悟」が彼女の“遺言”でした。4月28日をむざと「主権回復の日」などと言わせてはならない、と痛感しています。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

「暗澹たる4月28日」という証言―平塚らいてうの訴え への1件のフィードバック

  1. この日に続く「血のメーデー」
    戦後民主主義の衰亡と対米従属固定化の始まりだった。安倍なる怯懦な政治家が終焉の始まりを祝賀しようというのだろうか。抵抗し続けるしかない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中