麻生副総理の「ナチスに学べ」発言批判

7月21-24日、岩手県大船渡市に「ちょっぴりボランティア」に行ってきたので、そのことを書きかけていたところへ、「麻生発言」が飛び出しました。新聞報道の前にネットで知り、怒っていたのですが、8月1日の朝日新聞は2面の扱い、東京新聞も同様で、「なんじゃこれは」と思っていたら、「しんぶん赤旗」も2面でした。「赤旗と朝日が同じとは…」と文句を言っていたら、なんとそれが聞こえたのか「赤旗」から電話があり、「麻生発言と撤回発言についてのコメントを」と頼まれてしまいました。
 「おたく、どうして2面なの?これって1面扱いにすべきだと思うけれど」といちゃもんをつけながら、問われて応えなくては「女がすたる」と電話インタビューに応じました。8月2日付の同紙はもちろん1面で大きく扱い、2面3面でも。おかげでわたしの「談話」も、ドイツ史の専門家望田幸男さんとならんで写真入りで紹介されるという光栄に浴しました。

 短くなっていますが(当然!)、じっさいはもっと叫びまくったのです。要は「麻生の最初の発言も、次の撤回発言も間違っている。<ナチスが気づかれないようにワイマール憲法を変えたのに学べ>とはウソ八百で、国会放火事件などでっち上とデマの限りを尽くして憲法を無力化したのだし、次の撤回発言も、<ナチスの例は悪しき例>として出したとは全くのウソ。せめて<ナチスに学べと言ったのは間違いでした>と謝るなら撤回の意味もあるけれど、これではウソの上塗り」と言ったのです。「撤回では済まない、政治家としても市民としても言語道断。日光の反省ザルに学べ」と言いたい(あ、「反省ザル」の話はもう通用しませんかね)。

もう一つ、「自民党の首相経験者が、憲法改正は国民が気づかないうちにやってしまえ、とまさしくナチスばりのことを考えているのだということがわかった」ことです。この間の選挙で自民党が大勝したのは、まったく本当のことを国民に知らせなかったからではないでしょうか?戦前もそうでしたが、今もその道を歩くのか?
平塚らいてうは、戦後「戦争の時女たちが無権利だっためとはいえ、戦争を阻止できなかった」ことを「愧じる」と書き、「今は女性にも主権者としての権利がある。今度戦争になったらそれは女たちの責任」と警告して「憲法を守り抜く覚悟」を訴えました。そう、マルクスが引用して有名になりましたが、「歴史は繰り返す。最初は悲劇として、二度目は喜劇として」といったのはヘーゲルだそうです。われらは喜劇どころか人類破滅の危機を繰り返すわけにはいかない。

ドイツの牧師マルティン・ニーメラーの有名な詩がありますが、今の政治情勢を「自分にはかかわりがない」と思っているうちに気がついたら戦争に追い込まれていた…という誤りを繰り返さないように、というのが麻生発言の反面教師としての「意義」ではないかと思った次第です。
 以下、マルティン・ニーメラーの詩を引用します。

 彼らが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
(ナチの連中が共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった)
私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから

////////////////////////////////////////////////////
彼らがユダヤ人たちを連れて行ったとき、私は声をあげなかった
私はユダヤ人などではなかったから
////////////////////////////////////////////////////

そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

麻生副総理の「ナチスに学べ」発言批判 への1件のフィードバック

  1. 私も、1日の2面記事扱い、えっと思いましたが、毎度の妄言に慣れてしまったのか、日本国の感度の低下はここまで来たのかと思った程度でしたが、今日の扱いには納得。インタビュー記事、怒っているのが良く伝わってきましたよ。でも、結局「国際的な反響」外圧でしか日本の政治は動かない。そのことを良く承知している麻生も、今回はただでは済まないでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中