岩手県大船渡「ちょっぴりボランティア」記(1)

757

陸前高田の「奇跡の一本松」

陸前高田の「奇跡の一本松」

屋上に「ここまで津波が来た」という表示があるビル

屋上に「ここまで津波が来た」という表示があるビル

海底から引き揚げられたバイク

海底から引き揚げられたバイク

住宅地に乗り上げたままの漁船

住宅地に乗り上げたままの漁船

7月のことは7月中に書く、と思っていたのに、いろいろ割り込んできて1か月もたってしまい、少しばかりのメモではもう再現できません。とりあえず薄れる記憶を頼りに―。なお、写真の入れ方が不熟練で「順不同」です。キャプションだけは入れ方を覚えました。悪戦苦闘です。

 7月21-24日、岩手県大船渡市へ「ちょっぴりボランティア」に行ってきました。これは、いつも大阪は堺から「らいてうの家が好きやねん」と車を飛ばしてきてくださる山田夫妻と5月に『家』で会ったとき、「3.11」後の10月からもう5回も大船渡に通い、はじめは全国から届く支援物資を仕分けして仮設住宅に運んだり「青空市」で配ったりという活動(物資が届いてもニーズによる仕分けと届ける人手がなく、ボランティアなしにはできなかったそうです)に参加、今は仮設住宅や集会所を「お茶っこしましょ」と訪問しておられると聞いて、「わたしも連れて行って」と口走ってしまったのが始まりでした。お茶道具一式持参してお菓子は地元で調達、3人でも5人でも集まっておしゃべりすれば…という発想に共鳴したのと、それなら力仕事ではないから私が行っても足手まといにはならないだろう、と思ったからでした。でも考えたら、わたしにはお茶の心得がありません。仕方がないので上田で「社長さんが日本国憲法九条を守る運動に熱心な桜井甘精堂の善光寺栗落雁」と、東京で「らいてうが好きだった松崎のかわらせんべい」を仕入れ、お菓子の足しに持参することに。

 でも、実際には地元の方がみな準備してくださり、わたしは山田さんがお茶を立てるのを見ているだけで、オワリでした。恐縮すると地元の方に「来てくれるだけでいい。被災地を実際に見てもらうことが支援です」といわれました。山田さんも最初は現地の方に案内していただいて、被災の現地を見て歩いたそうです。そこで今回は山田さんの車で、2年4か月もたってまだ「復興」などしていないという現状を見て回ることに。
 
7月21日、まず「見ること」から
  21日は昼過ぎに一ノ関で山田さんと待ち合わせ、それから気仙沼・陸前高田を通って大船渡まで車を走らせていただきました。一ノ関から出ている大船渡線は気仙沼から先が廃線になってしまい、バスで行くしかありません。気仙沼では海岸からはるかに離れたところまで打ち上げられた大きな船がそのままになっているのを見ました。「記念モニュメントじゃなくて、片付けたくても手が出せないのですよ」と山田さん。陸前高田では「奇跡の一本松」もみました。海岸近くの一帯はがらんどうの草原と化し、ブルトーザーやトラックばかりが目立っていました。途中で流されずに残った建物の4階のあたりに、「ここまで津波が来た」ことを示す標識が掲示してあるのを見ました。
 陸前高田の小友(おとも)海岸では、壊れた堤防と海中から引き揚げられた瓦礫の山を見ました。貝殻が一面に付着したバイクは、あたかもアート作品のようですが現実の被災状況を示す証言者なのです。
 大船渡に入ってサンアンドレス公園の記念モニュメントが被災して大きくゆがみ、引き倒されているのを見ました。江戸時代1611年スペインの使節として来日したセバスチャン・ビスカイノが伊達政宗の許可を得て,聖アンドレスの祭日に大船渡港へ入港したことを記念してこの名がついた記念モニュメントです。

 これらの被災跡はたまたま通りかかったのではなく、すでに5回もボランティアに来ている山田夫妻が足で回り、地元の方にも教えられて、「ここは見ておいて」と選んでくれたところです。「2年4か月たっても復興していない」、でもそこに人々の暮らしがあったことを忘れないで、と訴えているように思えました。かなり強行軍で、わたしも疲れましたがこの日早朝に「らいてうの家」のある上田を発ってこられた山田夫妻はもっと大変だったと思います。しかし彼らは「まず見てください」と労を惜しみませんでした。
 夕方、これも山田夫妻が「定宿」にしているという鉱泉宿「富山温泉」につきました。ここは完全自炊だそうで、「ガスと水道はありますが鍋釜も持参なのですよ」と山田さん。わたしは1日目のおかずとパン少々持参したほかは、事前に食事はお任せし、いくばくかの食費を負担するというおねがいをしました。リュックサックを背負ってきましたが鍋釜までは持てなかったからです。こういうとき車っていいですねえ。山田カーからは魔法のようにありとあらゆる炊事道具や保冷パックに入った食料品、途中で調達したらしい野菜などが出てくるのだもの・・・。

 鉱泉は熱く沸かしてあり、疲れが取れました。この日は参議院議員選挙当日で開票が始まっていましたが、100円入れないとみられないテレビを深夜まで見る気になれず、さっさと寝てしまいました。肌寒く、布団をかぶって寝ました。(続く)

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中