集団的自衛権「ふたつの現実主義」

  「集団的自衛権」の閣議決定は国会会期中にはできないらしい、という報道ですが、その「閣議決定原案」が報道されています。ところが朝日新聞6月20日付紙面は「概要」だけを載せ、「全文はデジタルで」とあります。そのデジタルは、全部読もうとすればお金を払って(新聞購読料のほかに!)読まなくてはならず、「無料会員」には制限(一日3本?)があって、うっかりサッカー記事など読むとすぐアウト。新聞は週刊誌みたいな(と言っては悪いか)記事を載せるスペースがあったら、重要な記事は全部載せてよ。それじゃ売れない?新聞だけじゃなくて出版界だって「売れるから」「嫌韓・嫌中」本を出すそうじゃないですか。わたしの本なんぞ出すところがどこにもないのは「売れない」からですが。

仕方ないので「無料会員」に登録して「全文」を読みました。ただしこれは16日の決定で、その後安倍政権は「集団安全保障」の武力行使も容認と言い出したのですから「正気の沙汰」ではありません。

  ところで、朝日新聞6月19日付に国際政治学者入江昭さんが「現実主義に限界」という見出しで登場しています。これを引用するので、もう今日の「無料購読」のワクはおしまい?やれやれ。

「国際関係論における現実主義的な見方は皮相的で、現在の世界ではあまり意味を持たないと考えています。『大国の興亡』を書いたポール・ケネディ氏はたいへん立派な学者ですが、国益の衝突が世界を動かすという史観は非常に一面的です」

 「日本では60年代に現実主義的な見方が浸透しました。(中略)国際関係史を専攻すると、軍備競争や政策決定論を重視せざるを得ないものですから」

 「しかしパワーバランスばかりに注目し過ぎたため、90年前後の東西冷戦の終結を予想できた研究者は僕を含めて誰一人いなかった。現実主義は面目を失ったと言えるでしょう。例えば今では、75年のヘルシンキ宣言でソ連が人権尊重を認めたことにより、東側諸国に民主化の希望が広がったと考えられていますし、同時にグローバル経済がソ連体制へ与えた影響も予想以上に大きかった。」(中略)「力対力の外交も大切ですが、それは他のつながりに比べると根本的ではないと多くの歴史家が考えるようになりました。トランスナショナルな歴史学というのは国家を超えた関係、例えば移民や文化交流、環境問題、女性運動、さらにはテロリズムなどを研究対象とします。昔から、歴史家が現在の歴史を認識するには30年かかると言われてきましたが、ようやく概念が現実に追いついたのかもしれません」(中略)「時代遅れなのは憲法九条ではなくて現実主義者の方でしょう」。

このかたは私と同い年です。昔は彼も「現実主義」だったと自認していますが、そのころ読んでも「ふん」と思っていたけれど、率直に「面目を失った」という人の発言だから「聞く耳」を持ちたい。

同じ日に毎日新聞では、以下の記事が。

 <福島県南相馬市議会は19日、集団的自衛権の行使を容認しないよう政府に求める意見書を全会一致で可決した。自民系会派も賛成し、自民市議の一人は「市民目線で同調した。東日本大震災でお世話になった自衛隊員が海外で殺されたり、人を殺したりしてほしくない」と述べた>

 「被災地」の実感がありますねえ。わたしも以前札幌で女性自衛隊員がセクハラされて裁判を起こした時、いささか応援しましたが、原告がなぜ自衛隊員になったかという理由に「救命技術を身につけて人を救うことができると思ったから」と答えていたのが印象に残っています。じっさい彼女が休日に遊園地かどこかで、突然倒れた人に救急処置をして助け、「自衛隊員でよかった」と感想を語っていたのを読みました。そりゃ、自衛隊でなくたって救命技術は覚えられるでしょうが、東日本大震災の時自衛隊員に感謝した人は少なくない。それなのに今度は戦場に行って人を殺したり、殺されたりするのを見るのは耐え難い、という「現実主義」の感覚は大事だと思います。

前述の朝日の記事では、取材した記者が「国家を超えたつながりやシェアが鍵だという考えは確かに理想論かも知れない。だが理想こそあるべき未来をたぐり寄せる」(真鍋弘樹)と書いていることもつけ加えておきます。メディアよ、本気で理想論を貫いてくださいね!

昔、わたしが教えた女子短大生は、憲法九条で日本は武力行使できないから「いざというとき」戦闘に参加できず「意気地なし」と言われると改憲論者が言っていると話したら、考えた末に「いいじゃん。そのときはすみません、ごめんね、ごめんねと言って逃げ回るしかないよ」と言いました。そんなのはずかしい、などと思わなければいいのです。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中