もう、席を譲るのはやめたほうがいいでしょうか?

今日の午後、駅までバスで買物に行きました。行きのバスは小学校の下校時にぶつかり、ランドセルを背負った子どもたちで満員でしたが、そのうちに何人か降り、席が一つ空きました。すると子どもたちはあちこち見まわして近くに立っていた白髪の紳士に譲ろうとしたのです。ところがその方はわたしを見て「どうぞ」というではありませんか。何回か押し問答をしましたが、結局「負けて」わたしが座らせてもらうことになりました。少し面はゆかったなあ。

その帰り、今度は始発ですからシルバーシートでない席を選んで座りました。でもだんだん混んできて席はいっぱいに。そこへまるまる太ってかわいい赤ちゃんを抱いたお母さんが乗ってきました。立ちあがったわたしの顔を見て遠慮するのを、「大丈夫」とうけあって座ってもらいました。

それを見ていた人がいたのですねえ。信号が赤になった時、「今ならバスが止まっていますからどうぞ」と手招きしてくれる人がいました。えー、人に席を譲ったのはわたしの勝手なのに、といたく恥じ入りつつ有難く座らせていただきました。

どうみても「シルバーシート要員」にちがいないわたしが席を譲っては、みなさんのご迷惑になるでしょうか?でも今日のバスなど、下校中の子どもたちを除けば半分以上は「おたがいさま」という感じの方ばかりです。「老老介護」のこの時代、バスの席だって老人同士が譲り合うのですよ。アハハ。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

もう、席を譲るのはやめたほうがいいでしょうか? への1件のフィードバック

  1. 快調のようですね。うれしい。今日の塾ものっていましたよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中