上田で出会った「ママたちの戦争反対」

7月28日から8月8日までの長旅から帰って来ました。高齢になった姉が、夏は清里高原のちいさな山小屋で過ごすのが慣例なのですが、もう一人で行くのは難しい。中央線の小淵沢駅で小海線に乗り換える跨線橋にはエレベーターもエスカレーターもなく(だって昔は登山に行く若ものが乗り降りしたのですからね)、荷物を持って上り下りはできないのです。で、同じ高齢者のわたしが自分の荷物はリュックで背負い、姉の荷物を持って階段を駆け下りるわけ。清里駅からはなじみのタクシー会社の運転手さんをたのみ、途中でパンや野菜を買い込んで高原の小屋までたどり着くというのが毎年のコースでしたが、今年はなじみの運転手さんはもう退職、八百屋さんも店を閉めたとかで状況激変、哀れに思ったタクシー会社の奥さんがゴーヤときゅうりを分けてくれ、やっとたどり着きました。

気がかりで2,3日滞在した後、今度は小海線の小諸経由、しなの鉄道で上田まで出て、そこからバスで菅平高原まで行き、らいてうの会会員さんが経営するペンションに転がりこんでらいてうの家に通いながら8日の「らいてうの家子ども祭」に参加、8日の夕方やっと我が家に帰ってきた次第です。10日余りの間のんびりしていたわけではなく、いろいろな“事件”があって、けっきょく菅平で涼しさを満喫したのは一日しかなかったのですが、それを全部報告するわけにいかないので、とりあえず「上田で出会った「ママたちの安保関連法案反対」運動のことを書きます。

そのチラシを持ってきてくれたのは、「サブニュマ」というアフリカの太鼓をつかって踊り歌う上田地域の若い青年男女のグループのメンバーです。らいてうの家では毎年近くの長野県の施設(通称薬草園と呼んでいる広大な薬草栽培地)の広場を借りて子ども祭りをやっているのですが会員はみな高齢化、孫を誘ってもなかなか来てくれず「ムカシコドモ」ばかりだねと苦笑いしたときもありました。ところがサブマニュが来てくれるようになり、まずはメンバーがみんな子連れなので誘われて子連れのパパママの参加が増えるようになったのです。そこで「ばあちゃん世代」も奮起、地元真田町のみなさんがなつかしい「ポン(お米をポンと膨らませるポップコーンならぬポップライス)」や「にらせんべい」などをつくって振る舞ってくれました。そのほか影絵劇場などもあって、「あー楽しかった」と帰っていく子どもたちに主催者も大満足。

なないろアクションのちらし。両面です。しわくちゃにしたので、ごめん。

なないろアクションのちらし。両面です。しわくちゃにしたので、ごめん。

お祭りが終わるころ、サブニュマの一人が、「これを配ってもいいですか?」と差し出したのがこのチラシだったのです。「戦わせるために子どもを産んだのではありません!」という文字が目に飛び込んできました。うーん、これってあの「渋谷ジャック」のママたちの上田版?と聞くと、「そうでーす」と元気のいい返事が。いやー、全国津々浦々に「子育てママの戦争反対」が広がっているのですねえ。このチラシを持ってきたのは、何を隠そう「らいてうの家」を建設するとき骨身を惜しまず協力してくれた上田の材木屋さんの娘さんです。拙著『満月の夜の森で』にはじめての赤ちゃんを産んだとき「われながらフシギ」という名言をもらした、と紹介したのですが、その後3人の子のママになり、今はサブマニュで活動しながら「戦争反対」の陳情のため赤ちゃんを抱いて市議会傍聴にも行くたくましさです。8月23日に上田駅前でアピール活動をするそうで、22日にらいてうの家の行事に行く予定ゆえ、翌日応援に駆けつけたい、などと思ってしまいました。

8日に帰宅してたまった新聞を読んでいたら「戦争反対するママの会」は全国30都道府県にできているという記事がありました(しんぶん赤旗8月日付)。横浜や札幌などの活動が紹介されていますが、次は是非とも上田の「なないろアクション」のことを紹介してほしい。なおこの記事では同志社大学の岡野八代さんが「母親という社会的に置かれた役割を前面に掲げ、子どもたちと一緒に行動に立ち上がった意味はとても大きい」と評価しています。これぞ「我が子だけでなく他人の子も守る」こと「産む性(母性)を持つ女性が平和の担い手になる」ことを求めたらいてうの精神にピッタリじゃないですか。8月23日の行動の成功を!新聞はもっと各地のこういう記事を「地方版」としてだけでなく全国発信記事として載せてほしい!と思いました。

ついでにチラシにあったツイッター「@nanairoaction」をのぞいてみました。いやもう賑やかなこと、長野県中の戦争反対の動きがいっぱい紹介されています。いつかの栄村軽トラデモのことも、人口1万に満たない信濃町で300人の集会があったこと(東京都の人口に比例させたら30万人に相当?)も、「憲法かえるのやだネット長野」の動きも。やっぱり長野県はすごい。上田もすごい。今日は長崎の原爆記念日ですが、長崎の思いをみんなで共有している気持ちになり、くたびれ果てて帰宅したばかりなのに、また8月下旬には上田へ来なくっちゃと思うところが「性懲りもない」ワタシでした。

子ども祭りってこんなに楽しい!

サブマニュのみなさん

サブマニュのみなさん

踊るサブマニュ

踊るサブマニュ

絵本でアフリカの音を

絵本でアフリカの音を

みんなで踊る

みんなで踊る

みんな有難う!

みんな有難う!

飛び入りのパパも踊る

飛び入りのパパも踊る

おやつだよー

おやつだよー

薬草園のログハウスで影絵劇場

薬草園のログハウスで影絵劇場

この子たちに戦争しない世界を

この子たちに戦争しない世界を

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中