恩地孝四郎展の『母性』を観に行きました。

23日、らいてうの会の事務所で会議をした後、竹橋の国立近代美術館へ「恩地孝四郎展」を観に行きました。地下鉄春日駅から竹橋までは乗り換え一回で4駅分くらいなのですが、春日で都営三田線に乗る時も、大手町で東西線に乗り換えるときも結構歩きます。ヨガに挑戦してまだ3回ぐらいしか行ってないのに、歩くとき「ため息」をつかなくなりました。いかに「精神主義」的人間かとわれながら呆れています。一歩間違うと「洗脳」されやすいということかしら。世のなかにはあやしげな情報が満ちているから、「だまされてはいけない」と言い聞かせつつ―。

この展覧会に行ったのは、「抽象版画家」として知られる彼(1891-1956)の晩年の作品『イマージュNO6 母性(1)』(1951)という作品を観たいと思ったからです。まるみを帯びたフォルムのかさなりが生まれる前のいのちを連想させ、解説によれば、亡くなる前年の『イマージュNO9 自分の死貌』(1954)と「驚くほどよく似た構造の複合図形」と評されています。「まるで生の終末はその揺り籠へと、母の胎内へと回帰していくかのように」と(「恩地孝四郎展」図録解説より)。彼には「自分の死貌(しにがお)」という題の詩があって「他人と分かち合うことのできない死への(どこか甘美な)想い」がうたわれているそうですが未見。ただ、「死」を「母の胎内への回帰」と感じるのは、如何にも「男性」的イメージのような気がします。彼の育った大正時代は、鈴木三重吉や北原白秋らの「童謡」運動がひろがり、男性詩人たちが子どものまなざしに寄せて「母を恋う」詩をたくさん書きました。わたしはずっと後の世代ですが、戦時中の小学生時代(正確には国民学校ですが)、わが家には『赤い鳥』や『金の船』などの童謡雑誌から集めた『日本童謡集』(1927年刊)があり、その「甘美」な母恋いのうたを読みふけった思い出があります。同時代に離婚してわが子と引き離され、自死した金子みすず(1903-1930)のことは(『日本童謡集』に一つだけ載っていましたが)、大きくなって知りました。彼女がうたった「海のさかなはかわいそう」という詩や「(浜辺は鰯の大漁で祭りのようだけれど)海のなかでは何万の鰯のとむらいするだろう」という詩にはいのちに対する「甘美」さはみえず、どきっとしたことを覚えています。

恩地の『母性』が生まれた背景に、彼の息子が1945年に戦死したことをつけ加える必要はないだろうか、年譜を読みながら考えました。戦時中、日本版画報国会や日本版画奉公会の理事を務め、満蒙開拓青少年義勇軍写生会」に参加して「内原訓練所所見」なども描いた彼が(内原訓練所とは青少年義勇軍を養成送出した訓練所で茨城県(現水戸市)にあり、いまそこは資料館になっていて、見学に行ったことがあります。「昭和13年から20年まで、内原の訓練所から8万人を超える訓練生が、満州に渡った。戦争の拡大につれ、多くの犠牲者がでた。また、シベリアに抑留されたひとも多い。 訓練生だけで、2万人以上の人が日本に帰れなかったという。」―「はなゆみ」より引用)、敗戦の年に二男戦死の報を聞いて何を思ったでしょうか。展覧会ではわかりませんでしたので帰宅後図書館で調べましたが、評伝書は貸出し中でした。きっとわたしと同じようにNHKの「日曜美術館」を見た人ではないかしら。予約申し込みをして待つことに。

それゆえ、これ以上は書けませんが、ノーベル物理学賞の受賞者湯川秀樹が戦後核兵器廃絶を世界に訴え、らいてうとともに「世界連邦運動」から「世界平和アピール7人委員会」の活動に生涯をささげた背景に、弟の戦死という戦争体験があったということを教えていただいたのを思い出しました(現在平和アピール7人委員会メンバーの物理学者小沼通二さんのご教示)。恩地の『母性』を「甘美な死」や「母の胎内への回帰」という文脈だけではなく、自分を含めて戦後という時代に、戦争中の「死」への哀惜と「いのち」の再生への思いが内包されているのではないだろうか。的外れかもしれないと思いつつ感想を一言。じつは『図録』は重すぎて買わず、いつも絵はがきを買うのですが、今回は恩地の絵はがきは1枚しかなくて『母性』も『死貌』もなかったのでここで紹介できないのが残念。チラシだけでガマンしてください。なかほどに『母性』が載っています。

img277

恩地孝四郎展チラシ裏面。中ほどに『母性』。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中