田中英二さんは5位当選 

 

大船渡市市議選の結果がやっとわかりました。立候補者24人(定数20)のうち、田中さんは1072票で5位という高位当選です。「元職」となっていますが、それは津波の来る前の補選で無投票当選したからで、2012年の本選では勝てませんでしたから、競争選挙で当選したという意味では「新人」と言っていいのに5位とはスゴイ。なお、滝田松男さんも917票で15位、2議席獲得したのですから立派なものです。何よりも仮設住宅の人たちから「津波のとき、最後まで来てくれたのは共産党だけ」と言われる活動が評価されたのでしょう。現場にいないわたしとしては、地域の方たちの意見に耳を傾けるほかありません。

ちなみに「お茶っこ」のとき田中さんのうわさは出ましたが、わたしたちは選挙で「だれに入れて」とは一言も言いませんでした。それが集まってくる方たちへの礼儀だと思ったからです。でもこの結果を喜んでくださる方もいるだろうと思っています。つまりそれだけ田中さんの人柄が信頼されているということではないかという気がしています。ついでに言うと、田中さんは選挙の翌朝遠方から電話をくださいました。声はかれていましたがお元気で、「これから頑張ります」とおっしゃった後、「7月に来ませんか。帆立がおいしくなります」ですって。これじゃ、行かないわけにいかない。自分のことはさておき、山田さん、連れて行っていただけるでしょうか…。

ただ、残念なことに名簿を見る限り、今回大船渡市議会に女性議員はゼロということです。もともと24人の立候補者中女性は一人でした。何べんも書いた通りわたしは「女性なら誰でもいい」とは思いませんが、女性がいない議会というのはどう考えてもおかしい。もちろん田中さんや滝田さんなら女性たちの生活者としての意見をきちんと受け止めてくださるだろうと思いますが、やはりそういう立場から活動できる女性議員を、いつか大船渡でも実現してくれるといいなあと思いました。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中