「らいてうの家」の存立をおびやかす「太陽光発電」に反対!

 

NPO法人平塚らいてうの会は、8月17日に「らいてうの家の存立をおびやかす「あずまや高原太陽光発電所」計画に反対し、関係企業に計画の白紙撤回を要求するとともに、上田市と長野県及び国に対しこの計画を認めないように要請いたします」という趣旨の意思表明を行いました。これを事業計画中の企業に送付し、近くマスコミにも公表、地元の関係者や団体とも共同して「地域の自然と歴史を守る」運動を展開したいと思っています。

文章は長いので、とりあえず「骨子」を掲載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

らいてうの家の存立をおびやかす「あずまや高原太陽光発電所」計画に反対し、関係企業に計画の白紙撤回を要求するとともに、上田市と長野県及び国に対しこの計画を認めないように要請いたします。

株式会社HJアセット・マネージメントは、このたび上田市真田町の国立公園内のあずまや高原において、らいてうの家から道路一つ隔てた土地約21,000平方メートルに「太陽光発電所」として大規模なソーラーパネルの設置を計画中です。すでに現地には上田市の要綱に基づいて「申請の40日以上前に告知する」ための看板が立てられました(8月10日付、設置は8月8日)。40日たてば届け出が可能になり、行政との間で協議・審査が始まるということです。

しかし、ここには多くの疑問があります。古くから四阿山を「神の宿る山」として畏敬の念を払い、別荘地として手つかずの自然を守ってきた地域の歴史が無視されていること、閑静な別荘地にこのような営利事業のパネルを大量に設置することの景観上の問題、太陽光反射(まぶしさ)、や温度上昇などの影響、山野草や野鳥の生態系への影響などについては具体的な説明がなかったこと、この事業は説明に来たHJアセット・マネージメント社ではなく、別の会社が実施するものであり、事業実施会社が責任を持つかどうかわからないこと等々です。この計画が実施されたばあい、予定地の直前に位置するらいてうの家は大きな影響を受け、景観はもとより「自然とともに生きる」ことをめざしてきた基本理念と存立基盤が破壊されるおそれがあります。わたしたちは強い危惧を覚え、会としてこの計画に反対し、白紙撤回を求めることにしました。以下にその理由を申し述べます。

Ⅰ 閑静な別荘地の中心地に持ち込まれる「ソーラーパネル」の林立は、自然の景観と環境を破壊し、住民、観光客の「憩いの場」を台無しにするものです。

Ⅱ 標高1,450mを超える高地で且つ急傾斜地の低温豪雪地帯に、パネルを設置することに疑問があります。

Ⅲ 山家神社奥社への参道でもあり、別荘地として手つかずの自然を守ってきた先人たちの歴史と文化を無視するものです。

Ⅳ 「自然とともに生きる」ことをめざしてきたらいてうの家の基本理念と存立基盤をおびやかすものです。

(各項目の説明は別紙をご覧ください)

              2016年8月17日

特定非営利活動法人平塚らいてうの会

〒112-0002 東京都 文京区 小石川5-10-20 5F

℡&FAX 03-3818-8626

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NPO法人平塚らいてうの会は、あずまや高原においてこれまで一切の営利企業を容れず「手つかずの自然」を守ってきた、先人たちの歴史が無視されること、今日本では太陽光発電事業が営利事業として「野放し状態」で各地で自然環境や景観破壊、生活への悪影響などの事例が頻発していること、なによりもらいてうの家をかつてらいてうが求めたこの地に建設し、彼女の「人間は自然とともに生きる」という精神を受け継いで自然を大切にし、森の植樹や自然観察などの活動も続けてきたわたしたちにとって、根本理念が侵害されるもの、という認識に到達し、地元自治会や高原の別荘自治会などとも協力して計画の白紙撤回を求めたいと考えるに至りました。会の反対の意思表示の文書は長い文章なので、最初に「骨子」をご覧いただきたく存じます。わたしたちは「自然エネルギー」としての太陽光発電自体に反対しているのではありません。しかし、日本の現状を見ると、営利事業として投機的なメガソーラーの開発事業が横行している地域もあり、自然の環境破壊、景観破壊、住民生活への悪影響等々により各地で反対運動が起こっている現実があります。「国立公園内でこのような開発が許されるのか」と思いましたが、個人の所有地が多い日本の国立公園では強制力を持った禁止はできないのだそうです。

これから、署名運動などにも取り組みたいと思います。以上はとりあえずわたしの個人発信ですが、らいてうの会および関係者の方がたと一致点で運動を進めたいと思っていますのでその時はどうぞご協力をお願いいたします。

何という熱い夏になってしまったことでしょう。夏の終わりに生きていられますように・・・。

まずは、8月27-28日のらいてうの家10周年記念イベント」を成功させねば。

 

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中