2017福島ツアーの記その2 富岡から大熊、双葉、浪江へ―「避難指示解除」というけれど 

4月19日早朝国立でバスに乗りました。東京から埼玉県を抜けて茨城、そしていわきへ。「福島支援」だから、まずはここでお金を使おうと「ワンダーファーム」の森のキッチンでトマトづくしの食べ放題ランチをいただきました。全種類はとても食べられませんでしたが、生のトマトはもちろん、トマトドレッシングのトマトサラダ、トマトコロッケにトマトソース、トマトのマリネと白和え、トマトオムレツ等々、手絞りのトマトジュースとヨーグルトのトマトジャムがけもおいしかったなあ。ジャムを買いたかったけれど,これからが本番なのでガマン。

森のキッチン

食後バスは北上して広野、楢葉を通って富岡町へ。帰還困難地区内にあった夜の森の桜が7シーズンぶりにライトアップしたというニュースを見たばかりでしたが、さすがに葉桜になっていました。それでも途中から現地を案内してくださる新島さんが乗車、「この辺は住宅街の中に桜並木があって季節ごとに咲いたのですよ」という名残りの桜のトンネルを潜り抜けて大熊、双葉経由浪江に向かいました。新島さんは地元で「生業(なりわい)を返せ 地域を返せ」の原発裁判をやっておられ、これから行くNPO野馬土からの依頼で見えたのです。

名残りの桜

彼は車中で水も飲まずに、ずっとしゃべりっぱなし。車窓から見る風景は、わたしが2014年7月に来たときとほとんど変わりません。「避難指示解除というけれど、ご覧のとおり人はほとんど帰っていないのですよ。そもそも道路一つ隔ててこっち側は避難解除、こちら側は帰れない区域という線引きができるのでしょうか」と聞くとなるほどと思います。放射能が行政区画のなかにきちんとおさまっているわけないでしょ?「それにお店も開いていなければ、生活もできない。今ひらいているのは、工事用の品物を扱っているお店と、ここで働く原発や整備工事で働く人たちのためのコンビニくらいですから」とのこと。アンケートをとったら、半分以上の住民が「帰りたくても帰れない」という調査の載った資料も見せてもらいました。

確かに春の日が高くなっている昼下がりの街に行きかうのは工事関係の車ばかり。人の姿はほとんど見えず、地震の被害もそのまま、破れた障子や窓、かろうじて雨漏り除けをした屋根などの家々が並びます。「帰還困難地区」では一見なんともなく見える住宅の前に柵がしてあって、「自分の家でも入れない」のだそうです。避難指示解除準備地区になっても、わが家に行くのにまず検査を受けて防護服を着なくてはならない。終わればそれを脱いで捨て、検査してもし線量が高くなっていたらそれを洗い流してからでないと帰れないのです。そういう地域に子どもたちと一緒に「帰還」できるだろうか。今年初め自分が甲状せん腫瘍と言われて以来、たとえがんだとしても自分はいずれあの世行きだからいいけれど、子どもたちの甲状腺異常が増えているのに、「心配しなくてもいい」という政府には親の気持ちがわかるわけがないと固く信じるようになりました。

「立ち入り禁止」

荒れ果てた住宅

雨よけしたままの屋根

自宅の前に柵が

無人の商店街

車中で聞いたお話しで忘れ難かったのは「大熊も双葉も、原発でうるおったまちだったのですよ。大熊は4基、双葉には2基あったのですが、双葉町ではもう2基作ってほしいと東電に要請したくらいでした。それが実現する前に事故が起こったのです」という話でした。町の入口に「原子力明るい未来のエネルギー」という大きな標語がとりつけられていて、当時小学生だった作者が「負の遺産として保存を」と訴えたのに、外されてしまっていました。でも東電がつくった宣伝用の建物はそのまま残っていましたが。原発のために東電がどれほどオカネをばらまいたか。「原子力の平和利用」という名のもとに「安全神話」を信じこまされたカラクリは本間龍『原発プロパガンダ』(岩波新書)にくわしい。

東電がつくった建物だそうです

戦争中「アジア解放の聖戦」という宣伝を信じた日本人は、戦後もまただまされたわけだ。そして今わたしたちは三度目に「テロを防ぐため」という理由で共謀罪を新設しようとする動きにだまされているのではないか?などとあらぬ思いにかられつつ、今回の主目的の一つだった浪江の『希望の牧場』へ向かいました。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中