2017福島ツアーの記―その1 4月19-20日1泊2日の旅  

 

忙しくて、まる2日間の日程をとるのは困難でしたが、予定をすっ飛ばして行ってきました。多摩地域のミニコミ紙の主催で、新聞を見て申し込んだのです。もちろん全然知らない人ばかり。でも日程を見ると超過密で「スタディツアー」そのものです。福島で放射能に汚染された牛の殺処分を拒んだ[牛飼い]の吉沢さんが、今も牛たちを飼いつづけている『希望の牧場』を訪問するとあったのが決め手でした。

行ったのは、この3月31日から「避難指示解除地区」になった浪江町(全部じゃない)を中心とした地域を回り、大熊町・双葉町は車窓見学、希望の牧場からNPO法人野馬土を訪ね、松川浦に一泊して翌日相馬市の被災状況の学習と「伝承鎮魂祈念館」訪問、さらに相馬市災害公営住宅地を見学し、最後に南相馬市の「ソーラーアグリパーク」見学をしました。行く先々で現地の方が案内にきてくださり、希望の牧場では主の吉沢さんのお話を直接伺いました。

その全部を記録する暇がとてもありません。写真もバスで通過というところが多く、あっという間に通り過ぎてしまうのでとても撮れませんでした。それでも、少しでも記録しておきます。考えることはいっぱいあったもの。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中