辺野古工事強行と今村更迭報道

23-24日と上田の「らいてうの家」オープン準備に行ってきました。4月29日にオープンします。当日は男性コーラスやお茶のおもてなしなどがあり、だれでも参加できます。上田の千本桜は終わっていましたが、登るにしたがって満開の老木にたくさん出会いました。山の上ではふきのとうがまっさかり。わたしは外歩きする余裕もありませんでしたが、みんな袋いっぱいお土産に。春が来たのです。

帰宅して一夜明けたら、うるま市長選挙で負けた報道と辺野古工事強行のニュースに「いささかかっくん。一昨年訪問して山城さんや島袋さんにも会ってきた辺野古。あの美しい海が回復不能になるのでしょうか。太陽光発電問題で、「人間の生き方と自然を壊すメガソーラー」を考えているわたしとしては、基地問題と同時にジュゴンが暮し、サンゴが育つ「美ら海」の破壊も大問題です。埋め立てるために莫大な土砂を本土から運び込むとさまざまな植物が持ち込まれて生態系を壊すというので、「うちの土は運ばせない」と各地で反対運動が起っているというニュースも知りました。辺野古に基地をつくらせないためにどうするか…。

せめてもの「ハラいせ」になったのは、今村復興相が相次ぐ暴言で辞職したことです。事実上の更迭だって。わたしのブログで最初の暴言の時に「辞任要求署名」に応じたことを報告した記事が検索されて読まれているみたい。でも、じゃあ彼を大臣に任命し、あの「避難者は自己責任」発言の時もかばい続けた首相の任命責任はどうなるのよ。それにしてもこの人、よっぽど「言葉」の意味を考えられない人なのね。「そういうつもりはなかった」と言えば済むつもりなのかしら。「綸言汗のごとし」というのは「天子の言」の重みについての格言だから、安倍首相や今村大臣のような「小人」に使っては申し訳ないけれど、少なくとも政治に責任を持つなら、簡単に「取り消し」たり「謝罪」すれば済むものではないことを肝に銘じるべきでしょう。怒っています。

おかげで福島ツアーの報告が中断しています。あと2つ報告したいことがあるので、続きはこれから。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中