年報『日本現代史』24号に「女性の戦争体験をめぐる『記憶』と『想像』」をかきました。

 12月中は、もうブログを書かないつもりでした。白内障の手術に踏み切り、年内は静かにしていたほうがいいと思ったからです。12月中に書く原稿が5つあって、2つは書きましたが残り3つは積み残し、20日過ぎたら書こうと思っていました。ところが、さる新聞社から11月24日の「新婦人協会100年記念のつどい」の記事を載せるについて米田の見解を聞きたいという依頼があったのを、後まわしにしていたら手術当日の朝催促され、もう瞳孔拡大用目薬の点眼準備を始めながら1時間で書き飛ばして眼科へ駈け込んだ次第です。手術は無事に終わり、今日で3日目を迎えました。「新聞テレビもOK」といわれ、「じゃあ、パソコンもいいか」と図に乗って3つ目の原稿を書き始めています。そこへ報告したいことが飛び込んできました。

 『日本現代史研究』誌から「戦争体験論の特集を組むから」と原稿を頼まれたのは、昨年の夏前だったと思います。その何年か前に東京大空襲・戦災資料センターの「東京大空襲を語るつどい」で講演をすることになり、「体験者ではないのに」とひるんだら早乙女勝元さんから「体験者は少数になりつつある。どう継承するかを考えてほしい」といわれて考えた末、「体験」と「想像」をテーマに話したことがあります.その早乙女さんが「米田に書かせてみたら」とおっしゃったというので、またまた悩んだあげく、編集委員の赤澤史朗さんに説得されて引き受けたと言うのが経過でした。ところが書き始めてみると「女性の戦争体験に特化する意味は何か」「戦争体験と加害責任を対立的あるいは二者択一的にではなく双方向的にとらえるとはどういうことか」といったテーマの設定そのものに整合性がつかめなくなり、途中で「降りる」と申し出てまたまた赤澤さんに叱られるという一幕もあってやっとの思いで書き上げたのが今年の春。夏までには出版されるはずでした。

 ところが雑誌は一向に発行される気配がありません。不完全燃焼で恥ずかしいという気持ちと、せっかく1年かかって書いたのだから日の目を見せてやりたい気持ちとがないまぜになってやきもきしていたのですが、それがなんと1941年の開戦の日の前夜である今日12月7日に届いたのです。どんな子でも生まれた子はかわいいといいますが、雑誌の表紙を観た時はそんな気分でした。毎年『平塚らいてうの会紀要』に一本ずつ2万字以上の“論文”を書いてきたのが今年はらいてう日記の復刻に時間と紙数を取られてその余地がなかったのです。
 内容は、簡単に言うと「直接戦場で人を殺すという体験を持たない女性の戦争体験は被害体験に傾き、日本の加害責任に触れない」という批判に対して、一つは女性の戦争体験が持つ「いのちを失う」ことへの限りない悲嘆こそ「二度と戦争をしない」という平和認識の基盤ではないかということと、もう一つはそれを自分自身の体験にとどめるのではなく「想像」することによって他国―日本が侵略し暴力で支配したアジアの人びとの体験を理解する過程を経て、「自分にかかわりがない」日本という国の戦争責任を「わがこと」として自覚し引き受けていく可能性を提示したいという点でした。多分に論理的な組み立てを伴う論であったためにうまくまとまらず、絶望したのですが、わたしはここで一回の庶民に過ぎなかったわたしの母が、「自分は戦争に反対しなかった戦争犯罪人だ」と言い切るに至る思いをどう受け止めっるべきか考えてみたかったのです。そこにはこれまでの女性史の分野で「女性も戦争加担した」という非難や「あの時代には仕方がなかった」という弁護論があったことを踏まえ、そのいずれでもなく「被害体験」と「戦争責任論」の双方向性を追求したいという思いがありました。

 この雑誌の特集「戦争体験論の射程」には「原爆の図」を描いた丸木位里‣俊夫妻について、「インテリ兵士」太田慶一を論じた論文、「五木寛之の言説」を分析した論文とわたしのと4本の論文が載っています。未読ですが、パラパラめくっただけでわたし以外の3本もまたそれぞれの「登場者」にとって「戦争責任」とは何かという問題を内包した論点を提起していると思いました。目がよくなったらちゃんと読みます。以上予想外の「飛び入りブログ」でした。

年報 日本現代史24号 2019年12月刊

年報『日本現代史』24号2019年12月刊

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中