「南スーダン派遣の自衛隊員が帰国後自殺」の痛ましい報道 

かなり報道されていると思いますが、見逃せないニュースです。「駆けつけ警護」などの「新任務」を付与されて南スーダンに派遣された日本の自衛隊。半年もたたずに帰国命令が出て「無事帰国」したと報道されましたが、5月6日には岩手駐屯地の隊員が「自殺」したことがわかりました。以下BuzzFeed JAPANの記事から引用。写真はカット。

南スーダンPKO派遣の自衛隊員が自殺 防衛省「職務との関連性はない」 6/19(月) 11:50配信

国連平和維持活動(PKO)のために南スーダンに派遣されていた陸上自衛隊の男性陸曹が2017年5月6日、自殺をしていたことがわかった。南スーダンPKOに派遣された隊員の自殺が明らかになったのは初めて。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】
BuzzFeed Newsの取材に応じた陸上幕僚監部広報室の担当者は「原因と動機は職務とは関連がないもの」としている。

陸幕広報室によると、男性陸曹は岩手駐屯地に所属。2016年11月に派遣施設隊(第11次要員)として南スーダンに派遣され、17年4月に帰国していた。
第11次要員は、安全保障関連法の施行に伴う「駆けつけ警護」「共同防護」などの新たな任務を付与されたとともに、最後の派遣部隊ともなったことで注目を浴びていた。
男性陸曹は静岡県富士宮市で自殺した。年齢や所属課、家族がいるのかどうかについては、 「個人情報のため明らかにしていない」という。

自殺の動機については「個人的な問題」といい、PKO派遣との関連性は否定した。一方、遺書の有無などについては「承知していない」としている。

過去の派遣でも自殺者が

イラクやインド洋に派遣された経験のある56人の自衛隊員が、在職中に自殺していたというデータもある。このうち、精神疾患を原因としたものは14人。
防衛省が全自衛隊員に向け実施したアンケートの結果を見ると、1人の自殺者の陰に、PTSDやうつなどに悩まされている多くの隊員がいることがわかる。

防衛省への取材結果から作成

この表は、海外や国内災害派遣を経験した隊員のうち、PTSDのリスクや、うつ病や不安障害のリスクが高い隊員の割合を示したものだ。
PTSD傾向にある隊員が毎年1千人以上で推移していることがわかる。
ただ、全隊員でうつ病や不安障害のリスクが高い隊員の割合を見ると、13年度は10%、14年度は7.8%、15年度は7.1%になるため、防衛省は、決して派遣経験者だけが高リスクになるとは言えない、としている。>(引用終り)

第二次世界大戦が終わるまで、日本では「PTSD」などという言葉はあまり知られず、空襲や原爆の被災者、沖縄戦体験者たちが長い間苦しんできたことに目が向けられるようになったのは最近です。ましてや「大日本帝国軍隊」の兵士が戦場の惨状や「人を殺した」ことに悩み苦しむなどということは「あってはならないこと」だったのです。今回も防衛省がいち早く「職務とは関係なし」と発表したことを、そう簡単に言えるの?と信じられません。自衛隊員のみなさん、どうぞ死にたくなるほどのつらい体験を、自分だけで抱えこまないで「SOS」を発信してください。そのほうがずっと人間的なのだとわたしは思っています。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

やくみつるさん「もり かけ ダブル」の傑作マンガ

世の中は騒然。安倍内閣支持率は大幅下落、と言っても未だ40%近くもあるというのだから支持している人の頭のなかはどうなっているのかしら。森友学園には今夜大阪地検が家宅捜査。加計問題では「怪文書」と一蹴していた菅官房長官が「文書は実在」と認め、それで辞任もしなければ首にもならない「怪事件」。やくみつるさんのマンガは傑作だと思うけど。「森友」「加計」のとなりに「たぬき」もあります。

DBqzX8wU0AAK7Fl

「もり かけ ダブル!」

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

バス停で似顔絵を書いてもらっちゃった 

こんなこともあるのですねえ。今日、バス停でバスを待っていました。土曜日の昼さがり。晴れて、真夏の陽気でした。後ろで並んでいた初老(というか、もう少しお年を召したか)の男性がなにやらごそごそしていたと思ったら、手のひらほどのメモ帳にさらさらとペンを走らせ、「奥さん、これどうぞ」とおっしゃるではありませんか。「ン?」と受けとってみたら、なんとわたしの似顔絵でした。おまけに何色ものサインペンで彩色してあります。ポケットにサインペンが何本もしのばせてあるらしい…。

それがまあ細い首を伸ばして猫背になっているあたり、わたしの特徴を実によくとらえているのです。思わずふきだして、「あら、わたしにそっくり。よく描けていますねえ」と叫んでしまいました。するとかの画伯氏は「いや、あなたは特徴があって描くのにちょうどよかったよ。穏やかないい顔しとられるから」ですって。えーっ?じつは内心夜叉か阿修羅かと思うほど悶々としているのに…。でも、せっかくそう言ってくださったのに、ムキになって訂正することはないやね。「そうですかあ。わたしも年をとりましたので、すこしはまるくなりましたかねえ。若いときはケンカもしましたけど」と笑ってお言葉を受け入れることに。絵を大事にバッグにしまい、画伯にお礼を言ってバスを降りました。

「一期一会」とはこのことなり。お名前も聞かなかったので了解はないのですが、下さったのだからいいかと思い、アップします。「おだやかなおばあさん」に見えるでしょうか?

img437

「おだやかな人」に見えるでしょうか?

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

「第16回「歴史認識と東アジアの平和」フォーラム・南京会議」に行きます。

5月に「ラストツアー」と称してアメリカに行ったばかりなのに、今度は別の「ラストツアー」に行きます。2002年以来日中韓三国回り持ちで開催してきた歴史研究者や教員、教科書問題に取り組む市民運動家たちによるフォーラムが、今年は中国の順番なのですが、ずっと北京で開いてきたのが、今年は南京で開催と決まりました。で、「今生の名残りに」と、ラストツアーに行くことにしたのです。最初は総合女性史研究会の代表として実行委員会に参加、研究会が「撤退」してからは個人で実行委員になり、16回のうち、日本開催を含めて12回くらいは参加してきたと思うのですが、さすがにもう実行委員というトシでもないと思い「引退」宣言、でも南京には一度行きたかったので、迷っていたら「どうせラストツアーなら、各国代表の開会挨拶を引き受けて」と言われ「でもまた行きたくなるかもしれないからイヤ」と抵抗したけれどすることになってしまいました。「5分間」のために行きます。

南京は直行便が少なく、行きは上海経由鉄道便だそうで、帰りは直行便をとるため1日たっぷり「フィールドワーク」。9月8日から12日まで4泊5日ですから時間も費用も結構掛かります。ここ数年一緒に行ってくださる現役看護師のFさんが、「都合がつけば行きたい」と言ってくれ、「じゃあわたしの介護人になって」と頼んでしまいました。これでも今日は姉の介護人になって病院へ付き添いに行ってきたのですが・・・。

このフォーラムに参加してきたのは、10年以上かかって三国の歴史認識に少しずつ変化が生まれてきたと思うからです。わたしは「日本の侵略戦争の責任追及」「慰安婦問題」「教科書問題」等々を、「定型的」な議論にとどまることなく「三国の歴史的和解に向けて」という方向が出てきたことに希望を抱いてきました。しかし今の安倍政権の動きはその流れに逆行しています。それでもわたしたちは、「絶望から希望を生み出す」ために集い、語り合い、「東アジアの平和構築」のために力を尽くしたい。運営経費のためのカンパも募っています。現在の経済困難を反映してカンパはなかなか集まりませんが、ぜひお力添えを。

img435

第16回歴史認識と東アジアの平和」フォーラム案内

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

NHKBS1スペシャル「偽りの結婚~追いつめられるシリア難民女性~」を観ました。

社臨学会からくたびれて帰ったその夜、つまり6月11日深夜、上記の番組を観ました。居眠りしないように夕飯の後ひと寝入りし、うちに来ていた娘がテニスの中継を観たいというのを1時間だけ譲らせ,つれあいが早寝したので遠慮して音量を下げ、補聴器を頼りに、テレビにしがみつきました。

これは、シリアからヨルダンに逃れた難民の女性たちが直面する悲劇に切り込んダドキュメントです。イスラム世界で認められている「ムトア婚(一時婚)」の名のもとに、生活の手段を奪われた難民の女性たちが金で性的快楽のために男に買われ、わずか数か月(ひどいときには4日)で捨てられる(14歳といった「児童婚」もある)という「偽りの結婚」の犠牲になる実態を追究したドキュメントです。撮影は金本麻里子ディレクター。居眠りどころか、画面にくぎ付けになった50分でした。

ムトア婚の犠牲になった少女たちが登場します。一人は、生活の道を失った母親が「幸せにする」と言われて14歳の娘を男にゆだねるが、約束は守られず捨てられる。娘は妊娠して子どもを産むが、絶望して終日寝て暮し、成長する子どもを見ると苦痛がよみがえる日々を過ごす。母親は娘の前で「私が悪かった。許して」と涙を流し、娘が「もう許しているよ」と母を抱きしめるシーンは、あまりにも痛ましい。その彼女が地元の女性団体の助けで「引きこもり」から外へ出るようになり、働く技術を身につけようと、仲間のところに出て行く。「ずっと寝ていたのは、寝ていれば過去の記憶に苦しめられないで済むと思ったから」という彼女が「ここでみんなと話せれば、過去に苦しめられるだけでなくて済む」という笑顔がなんと美しいことか。

もう一人の娘は、家族がヨーロッパに移住許可を得たにもかかわらず、同行できるのは18歳未満の子どもだけという規定によって一人だけ残され、「売春だった」と断言するムトア婚に追い込まれる。「家族に会いたい」「自分はもう何の値打ちもない人間だ」と思いつめて暮らす日々。あまりにも長い時間の後にやっと国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の面接を受けて家族のもとに合流する許可が出るその日彼女はなけなしのお金をはたいて上着を買い整え、思いっきり美しく化粧して出頭する。許可が出て「神に感謝」とつぶやく彼女が「もう泣かない」と涙をふくシーンを克明に追った映像には、絶望から立ち上がる女性の真摯さが浮かび上がり、「よくそこまで撮れたね」と思わずにはいられませんでした。

戦場でのレイプや兵士の「性奴隷」とされた「慰安婦」問題はもちろんですが、それだけでなくこうしたかたちで難民女性(少女)を追い込む性暴力。わたしは以前「平和とジェンダー」という小論文を書き、「戦争に性暴力はつきもの」と言われるが、そうではなく、「戦争という名の武力紛争それ自体が性暴力そのものであることを認識すべきだ」と書いたことがあります(米田ほか共編『ジェンダー視点から戦後史を読む』大月書店)。国連安保理決議1325号が、なぜ「武力紛争解決に女性の参加を」と主張するかというのは「女性は平和主義」というような情緒的な問題意識ではなく「戦争は性暴力」だからだと思うのです。金本さんの次の作品は「日本の軍政時代に日本人軍人・軍属とインドネシア在住のオランダ人女性との間で生まれた子ども達を取材したものになる」とのことですが、インドネシアというとわたしの目が光ってしまう(その理由は今度書きます)。次も寝ないようにしなくては。金本さんにエールを。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

日本社会臨床学会で「講演」しました―緊張し、くたびれた― 

6月11日、日本社会臨床学会の大会で、「平塚らいてうの思想と行動」というテーマでお話をしてきました。じつは今年の初めにそのお申し入れがあったとき、「ハタケちがいのわたしが、なぜ?」と大いに躊躇したのですが、その前の大会では話題沸騰した東京都議会の「セクハラ野次」問題を取り上げ、当事者の女性都議を招いてこの問題にひそむ「女性の生きづらさ」についての討論をしたと聞き、今回も保育や介護など福祉の現場で働く方がたも会員だというこの学会で、「平塚らいてうという人は何をした人か」について、これまで語られてこなかった視点から私見を述べることも意味はあるかもしれないと思うようになり、けっきょく引き受けてしまったという次第です。

それから4か月余り、じつは5月のアメリカ行きの前に準備を終えたかったのですが、結局ギリギリの5月末までかかり、数千字の下原稿を書いてそれを4ページのレジュメにして提出したのが1週間前。こんなに準備に時間をかけ、気が気ではなかったことはひさしぶりでした。その理由の一つは「ハタケちがいのみなさん」にこれまで「定説」化されてきた「らいてう論」ではなく、「本邦初公開」ではないが、この10年間にわたしが考え、資料を探してきたことをまとめてみようと思ったからですが、それともかかわってもう一の理由は、この学会が前日の6月10日にシンポジウムを開催、「相模原事件」と呼ばれる障害者施設での大量殺人事件をとりあげると聞いたことでした。この事件では数多くの議論が巻き起こりましたが、わたしの理解では、加害者が「障害者は抹殺すべき」という「優生思想」のもとに殺人を決行したということが前提として語られ、ナチスのユダヤ人抹殺計画にまで触れた論評が少なくなかったように思われます。その中に「平塚らいてうも障害のある人間が生まれることは社会の不幸だと言った」という文章もあって、この事件と結びつけた「らいてう=優生主義者」という議論があることをどう考えるか。わたしたちは勉強会も開き、今年7月発行予定の『平塚らいてうの会紀要』10号には「覚え書き」というかたちですが議論を整理した問題提起の論考が載るはずです。勉強会では日本で大正期から昭和期にかけて「流行」した「善種学」と呼ばれる「優生」の主張とはどんなものであったか、また当時の日本では乳幼児の死亡率が高く、母体の栄養不良や不衛生な労働環境、産後の休みもとれない「牛馬並み」といわれた「農村の嫁」の実情などをふくめて人々のあいだに「健康な子どもを産みたい」という願望があったこと、一方で「健民健兵」政策や「産めよ殖やせよ」といった「兵力確保」の問題として「産む」ことが国策に奉仕させられていったことなども視野に入れた議論が行われました。「国家の戦争の役に立たない」障害者に対する差別は、戦前のハンセン病者に対する差別政策(それは戦後も続いた)をはじめ、戦争末期に行われた集団学童疎開でさえ(これ自体が子どもの安全というが将来の戦力保持という意味もあった)障害を持った子どもは空襲が迫る都市に置き去りにされた証言もあります。こういう歴的状況の中で、らいてうの「母性」の主張は「優生思想」の産物であったのか否か、精密な検証と議論が必要です。「優生思想」と言えばナチスを引き合いに出すだけでは粗雑という批判もあり、先行研究ではらいてうがナチス張りの「劣等な種を抹殺せよ」という考えにくみしたことはないという意見が多くありますが、言説としては危うい発言を残しているらいてうを。どうとらえるのか。わたしは社会臨床学会の委員の方に、らいてうについてそういう議論をしたいのか、とお尋ねしました。そうではなく、らいてうのフェミニズムとは何かを聴きたいと言われましたが、だからといってこの問題を避けて通ることができるだろうか。レジュメがなかなかまとまらなかったのはそういう条件もあったのです。

で、どうしたか。前日のシンポの議論では、知らないことも含めて大いに触発されましたが、同時に重い気分になったことも事実です。翌日、わたしはともかく自分の考えを述べるほかないと覚悟を決めて会場にのぞみました。「袋叩き」に会ってもいいと思いながら―。

その報告を全部再現することはちょっと困難。不消化のままですが、レジュメの本文分部分を抄録します。以下収録。

平塚らいてうの思想と行動―その現代的意義をさぐる                                 米田佐代子

はじめに(略)

Ⅰ らいてうの「生命観」をめぐって

1)「自然としてのいのち」という発見

  ☆ 禅による「見性」体験

☆ 「霊知学」の影響?(20世紀唯物論に対抗する「霊的世界の実在」を主張する「心霊思想」-シュタイナー、メーテルリンク、ゲーテ等)

☆ 「いのちと自然の一体化」

☆ エレン・ケイ「母性主義」との接点

☆ 安藤昌益、南方熊楠、田中正造、柳田國男、宮沢賢治らとの共通点と差異性

☆ アニミズムとの接点(「高原の秋」『青鞜』1911年11・12月号)

☆ 「近代的自我」というより「神の宿る自己」―「わたしの主人はわたし」

☆ にもかかわらず「観念論」ではなく「目の前の現実」から出発する視点(大本教の出口なおとの親近性)

2)「子どもの権利」としての「母性」の発見

  ☆ 「いのち」「母性」「子ども」の視点から―『婦人と子供の権利』(1919)

☆ 「母親になる」ということ

☆ 第一次世界大戦後の平和思想とらいてう

「子どもの権利(ジュネーブ宣言「人類最良のものを子どもに」1924)

国際連盟の成立と国際的平和運動(女性の平和運動とエスペラント運動)

「女性の平和運動」としての新婦人協会―なぜ女性に権利が必要か

「女性の文化としての平和」―女性が学ぶ意味―「ハルハウス」の影響

  • 日本の貧困(乳幼児死亡率)と女性差別(地主制度・家制度)

「よりよく生まれよりよく育つ」子どもの権利と「母性主義」(優生思想への問い)

「母性保護論争」の大いなる「誤解」(社会主義の優位性が問題だったのではない)

 

Ⅱ らいてうの「社会観」をめぐって

 1)女性による「協同」の発見―「協同自治」の相互扶助社会構想

  ☆ 1930年代のらいてうの実践―消費組合「我等の家」

「女性が担うべき仕事」―自ら組合長に

(『青鞜』は4年半、新婦人協会は3年(らいてうは実質2年余り)、消費組合は10年近くにわたって活動。医療組合の設立にも参加。(1938年国家総動員法とともに終焉)。

☆「社会主義」の権力に拠らない「無政府協同」の自治社会を生活者としての女性

が担う、という構想は「空想的」か?伊藤野枝の「無政府の事実」参照。

☆ 宮沢賢治とらいてうの接点

賢治はなぜ石灰販売の仕事をして倒れたのか? 工場主鈴木東蔵の「理想郷」に共鳴したのではなかったか?「ポラーノの広場」の改作と「産業組合」との近似性。

☆「産業組合」と柳田國男、丸岡秀子。長野県佐久病院の系譜。

 

2)「戦争の時代」とらいてうの選択―「緊急避難」の道

  ☆ 「世界民思想」による平和世界構想の挫折―中国侵略戦争と総力戦体制

☆ 市川房枝の「涙を呑んで」国策協力への道とらいてうの協力

☆ らいてうの「迷い、動揺し、もがいた」10年

☆ 1941年初め、「汪兆銘政権支持」の歴史認識における誤謬(中国と戦争したくない)という姿勢から「抗日戦争」反対、日中和平論に)

☆ 1941年父の死と息子の大学卒業と軍隊召集に対する「奥村家入籍」。「家制度」への屈服」か?

☆ 1942年3月の「疎開」とは―「戦争に抵抗できない」自分を自覚した「緊急避難」

収入の道が閉ざされることを承知しての「疎開」

1942年から1945年まで、らいてうの「戦時活動」ではなく「戦争体験」の時期(住宅難、1943年以降食糧難、1945年4月本郷曙町の実家、空襲で焼失、孫は「空襲で命を落としたかもしれない」体験等。ここからどう自己を立て直すが戦後の課題。

3)「自然」に還るらいてう

らいてうは自分の精神が揺れ、自己を見失いそうになったとき、必ず「自然」に還って自らを立て直していくという回路を持っていた。その「自然回帰」が「人間の自然としてのいのち」を守る「いのちの平和」という思想を育てる原点。日本野鳥の会の創始者中西悟堂と戦前戦後を通じ一家をあげて親交を結んだのも、らいてうの「自然」への思い入れとつながっています。以下主な行動一覧。

① 1908、「塩原事件」のスキャンダルで「羽衣を奪われた天女」のように地べたにおちたときは信州松本へ。

② 1914、『青鞜』が危機におちいったときは、千葉県御宿海岸へ。

③ 1921年秋以降、新婦人協会の運動が志と違ってきたことから解散を提案、千葉竹岡海岸から栃木県佐久山へ。後伊豆山海岸へ。

④ 1923年春帰京して千駄ヶ谷へ。ここで関東大震災に出会い、のち1927年成城へ。

1942年春、茨城県小文間村へ「疎開」。息子の兵役(内地勤務)、二人の子の結婚と出産、疎開地での住宅難や1943年以降の食糧難、1945年の東京空襲で曙町の実家焼失などを体験。

⑥1947年春帰京して成城へ。1958年、成城の地域内で転居。この前後にあずまや山麓の土地を買い、「来年は小さな家でも建てて行きたい」と日記に書く(日記はらいてうの家建設後の発見。この希望は生前には実現しなかった)。この小住宅の小さな庭に自ら草や木を植え、「花いっぱい」にしたい、「花はうつくしい、たのしい」と書く。ここが終の棲家となった。

Ⅲ らいてうの「平和思想」をめぐって―「いのちを産む女がつくる平和世界」とは

 1)日本国憲法との出会いと「世界連邦」思想

  ☆ 戦後のらいてうは「過去の人」?「民主化運動」を人に言われてやっているようではだめ」と書いて相手にされなかった。

☆ 日本国憲法を支持。「母性保護など女性独自の権利がないことには不満(ベアテ案にはあった)だが。九条の「非武装・非交戦」への共感。

☆「世界連邦」思想に共鳴して活動に参加(のちに日本の運動には批判的になるが

「世界連邦の思想は支持。1955年下中弥三郎の呼び掛けで湯川秀樹らとともに「世界

平和アピール7人委員会」結成に参加、1971年死去までメンバー。

☆1950年 野上弥生子らとともに「単独講和反対」の女性の訴えを公表、ダレスに手渡す。以後「再軍備反対、安保条約反対」の姿勢。「左傾化」と言われるが「世界連邦思想」の実践。

☆ 世界連邦の主張は空想的と言われますが、動揺しているとはいえヨーロッパにおける「EU」の「実験」や東南アジアにおける「ASEAN」の試みなどは「個別国家」の枠を越える方向として注目される。

2)「異なる意見」との協同を

☆ 戦後の平和運動におけるらいてうの立脚点―「女性が自分の意見を持って立ち上がること」と「意見が異なっても一致点で協同すること」「どの国も敵とせずただ戦争だけが敵」

☆ 「いのちを産む女性の手ですべての戦争をなくす平和世界の構築」を

☆「「非武装・非交戦」―一切の軍備を持たない。交戦権は(自衛戦争であっても)認めない)

「自分で考えて行動する」

むすび―らいてうの家がうけつぐもの(略)

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

ガリコさんの本の紹介を『婦人通信』に書きました

ガリコ 美恵子『反核の闘士ヴァヌヌと私のイスラエル体験記』の紹介を『婦人通信』7月号に書きました。短いけれど、読んでください。あと1冊手元にあります。「割り引き」するから買って!ついでに『婦人通信』も読者になってあげて。原稿料ももらわないのに宣伝する律儀。

『婦人通信』本だな

『婦人通信』7月号

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ